親交設計の理念。

建築主やエンドユーザーとの親交を深め、
建築の安全性(安心)と経済性(満足)という
相矛盾する要望を追求することで、
クライアントから信頼される設計事務所をめざします。

まず、お客様ありきと考えます。
建築は、建築士の自己実現のための手段ではありません。
建築主やその建物を利用される方々が満足されてこその建物です。
クライアントが何を望んでいるのか。
その理解にエネルギーを注ぐことが大切と考えています。
「利他の心」でプロジェクトに取り組むことが
クライアントからの信頼につながり、
所員に物心両面の安心、満足をもたらすと確信しています。

株式会社親交設計 代表取締役 市村 隆幸

私のブログはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントは利用できません。
ページ上部へ戻る